農学

職種紹介

農業、畜産の振興施策の企画立案のほか、農業等従事者の方への生産技術・経営改善などの普及指導、農業試験研究、畜産試験研究などに従事します。

主な配属先
本庁
流通販売課、園芸振興課、中山間農業・畜産課 など
出先機関

農林総合事務所、農業試験場、奥越高原牧場 など

職員インタビュー

職員インタビュー

砂丘地の農業
応援中!

  • 吉田 諒子
  • 坂井農林総合事務所
  • [令和2年度採用]

現在の仕事内容

普及指導員として、坂井市の三里浜砂丘地で、ミディトマト、メロン、スイカなどの栽培技術指導や現地での栽培試験などを行っています。また、JAや市町と協力して、新たに農業を始める方の支援をしています。

県職員を志望した理由

学生時代、指導教員の東アフリカでの稲作研究に同行し、先生が現地の方から信頼されて生産者と一緒に課題に取り組む姿を見たのがきっかけで、私も農業を通して生産者と一緒に働きたいと思い、普及指導員を目指すようになりました。

やりがいや魅力

県全体を考えた農業行政や試験研究機関での研究開発、生産者を支援する普及指導など、多様な業務があり、高い専門知識や関係機関との調整能力が必要ですが、様々な専門分野に通じた先輩職員からアドバイスをもらいながら経験を積むことができます。

やりがいや魅力

印象に残っている仕事

入庁してから1年経った頃に開催した栽培講習会で、日頃の活動を踏まえて現場の問題点やその解決策についてまとめ、生産者に対して自分の言葉で説明することができました。ある生産者から「成長したな!」と褒めていただいたのが嬉しい思い出です。

ワークライフバランスのため心がけていること

昼休みに職場の仲間とキャッチボールをしたり、計画的に年休を取得してドライブしたりしています。リフレッシュすることで、仕事も頑張れます。

休日の過ごし方

買い物や洗車、ペットの世話などをして過ごしたり、月に1回ほど同期に会ったりしています。運動不足解消のため、習い事もしてみたいと思っています。

ある一日の流れ

  • 8:30 登庁、メールチェック
  • 9:00野菜の生育調査や巡回指導
  • 12:00昼休み
  • 13:00データまとめや資料作成等の事務作業
  • 17:15退庁