[ 当社のオンリーワン技術 ]

 通常のヒーターでは、100V印可で650℃の温度を出す事が限界と言われていますが、当社では国立大学法人福井大学と共同研究を行い、世界初となるシーズヒーターの絶縁剤の開発に成功。800℃以上の温度を出すことのできるヒーターを開発しています。シーズヒーターの生産において品質の鍵を握るのは、従業員一人一人の“手”。オートメーション(機械化生産)しないことで、世界に通用する製品を生み出し、国内外から高い評価を得て多数のメーカーに採用されています。

新開発絶縁材ヒーター

液晶テレビ画面への納入実績多数。医療機器、人工衛星にも
活用されるオンリーワン技術

 コイル状の発熱線を、金属製の筒(シーズ)で覆った工業用ヒーターは、家庭用ホットプレートから自動車のプレス機、人工衛星の霜取り装置など幅広く使用されていますが、当社はヒーターの材料(絶縁材)に着目し、世界初となる絶縁材の開発に成功しました。
 900度まで達し、4,000時間以上の連続通電を行っても発熱線が切れない特性を持つ『ボロンヒーター』の量産化にも着手し、LED信号機に活用される着雪センサー付消雪装置や、路面消雪装置の製造など、より一層、ヒーター業界で躍進出来るよう挑戦を続けています。


[ 企業情報 ]

〒919-1132 三方郡美浜町佐柿57号の16
TEL:0770-32-0258
FAX:0770-32-1177
URL:http://hokuriku-heating.com/

代表者    代表取締役 増田 勉
連絡担当者  取締役 営業部長 増田 正洋
設立 1971年8月
資本金 1,000万円
従業員数 24名
売上高 1億6,000万円
主要取引先 坂口電熱㈱・三晃電気工業㈱・㈱オリエントヒーター・新日電熱工業㈱・河合電器産業㈱・進興電気工業㈱・㈱幸和電熱計器 他
事業内容 シーズヒーター・コイルフィンヒーター・フランジヒーター・鋳込みヒーター・投込みヒーター※平成30年より製造予定
LED信号機着雪センサー付消雪装置、路面消雪装置

経営者から一言

創業46年、シーズヒーター製造一筋。平成29年10月には、悲願であった新社屋が完成しました。
消費者が手に取る「最終商品」を製造する夢を持ち続け、今後も商品開発に励みます。