[ 当社のオンリーワン技術 ]

 プラスチック製品へのイオンプレーティング加工(低温処理技術)を業界で初めて事業化。
 独自で開発した装置と、その装置のオペレーションプロセスノウハウにより加工を実現しました。この加工ができる会社は国内で3社しか存在せず、当社以外の2社は、当社が納入した装置により加工を行っているため、当社のオンリーワン技術として、カーエンブレムをはじめとした様々な製品に活用されています。

HONDA全車種のオプションカラーエンブレム(金色、黒色)

プラスチック製品へのイオンプレーテンィグ加工 国内シェアナンバーワン

 当加工技術の最大の特長は、世界で初めて、低温での処理を可能とすることから、世の中にあるほとんどの個体(金属、プラスチック、ゴム、ガラス、紙、陶磁器、繊維、木材など)にメッキ皮膜をつけることができる点にあります。さらに、金属膜のみならずセラミック膜としてコーティングすることができるため、従来の着色技術と比較しても抜群の強度や耐久性を発揮。HONDA全車種のオプションカラーエンブレムに採用されています。
 また、プラスチックのメタライズ加工で最も多く行われているのは真空蒸着加工ですが、密着性や膜の強度など物性に大差があるため、これまで、用途が限定されていました。
 当加工技術は、後加工を要しない最終処理として使用できるため、今後、プラスチック製品の大幅な用途拡大も期待できます。



[ 企業情報 ]

〒916-1105 鯖江市吉谷町2-97
TEL:0778-52-9077
FAX:0778-52-9078
URL:http://www.ncc-japan.com

代表者    代表取締役社長 下内 孝博
連絡担当者 常務取締役 安田 憲生
創業 2005年2月
設立 1973年7月
資本金 1,500万円
従業員数 14名
売上高 1億8,000万円
主要取引先 ㈱モリタ製作所、本田技研工業㈱、TOTO㈱、㈱シマノ
事業内容 表面処理業(イオンプレーティング加工による真空メッキ処理)

経営者から一言

イオンプレーティング処理はNASAの技術からスタートした無公害の真空メッキ技術です。環境に優しい技術を通して、地球のエコ活動にも貢献してまいります。