[ 当社のオンリーワン技術 ]

 当社は「防災・安心・安全・延命」をキーワードに、長年にわたる産学共同研究によって開発した「社会を支える繊維」を主体に、土木分野の常識を覆す製品を多数提案しています。
 高分子繊維をもとにしたジオシンセティックス(土地+合成製品)と呼ばれる技術では、業界をリードする存在として、安全で経済的、かつ環境面においても優れた独自技術で、社会インフラを創造しています。自然災害大国である日本の国土を足元から守るために、防災・減災へのニーズに応えた製品を提供しています。

接着系樹脂カプセルアンカー 「ボルトメイトHC」(打ち込み式)

ハンマーで簡単施工 アンカーボルト固定用接着剤

 接着系あと施工アンカーは、通常の機材の取り付けはもとより、構造部材や大きな荷重のかかる用途にも盛んに用いられています。阪神大震災以降は特にその信頼性が認識され、震災後の既設コンクリート構造物の補修や耐震補強に広く用いられています。
 接着系樹脂カプセルアンカーには「回転・打撃式」と「打ち込み式」がありますが、当製品は後者であり、耐食性ポリエステル樹脂、骨材、硬化剤を多層構造の絞りガラス管に収容した形状でハンマーのみの施工が可能です。樹脂と硬化剤の十分な混合により安定した強度を実現しました。
 専用の冶具や専門業者による施工を必要とせず、DIY 市場の需要が見込めるのもメリットの一つです。(一社)日本建築あと施工アンカー協会の製品認証品として、広く市場に受け入れられています。

盛土・地盤補強用繊維構造体 ジオテキスタイル「アデム®」

盛土の崩れを抑止する繊維構造体
全国で1万件以上の使用実績

 平野部が少なく雨の多い日本では、盛土・地盤補強による土地の有効利用と災害の未然防止が、土木分野の大きなテーマになっており、そのために高分子材料からなる高強力の格子状ネット(一般名称:ジオテキスタイル)が使用されています。
 従来製品は、伸びが大きいために盛土の変形抑止効果が小さく、また、石混じりの土に使用するとその衝撃でネットが破損するという欠点がありましたが、当社のジオテキスタイルは、ポリエチレン製の格子状ネットに、高強力・低伸度のアラミド繊維を挿入することで、これらの欠点を克服。伸びが小さいために変形抑止効果が大きく、耐衝撃性が高いため使用する土質に関係なく盛土を健全に保持することができます。この構造が盛土や地盤の補強に適していることを実験的に見出し、(一財)土木研究センターの建設技術審査証明を取得するなど、安心して使用できる材料として高い評価を受け、全国の道路に1万件以上の使用実績があります。

高強力繊維製落石防護柵「ネイチャーネット®」

高耐久性繊維を利用した落石・土砂の防護柵。
仮設から恒久対策までマルチに対応

 災害から生命や財産を守る斜面防災工事は、労働者の高齢化や維持管理費用の増大化などから、施工性が良く低コストの対策が求められています。
 当社は、従来の繊維ネットにはない極太ラッシェル編地と、高強度でありながら高い伸度をもつロープを組み合わせた「ネイチャーネット」を主材料とし、その他構成部材にも特殊繊維を使用したフェンス構造体を開発しました。フェンス自体に柔軟性をもたせることで、繊維でありながら150kJ までの高エネルギーの落石にも対応可できる、従来の鋼製落石防護柵にない新しいタイプの防護柵です。軽量で作業員の負担軽減につながるほか、設置時・メンテナンス時の低コスト化を実現しています。

耐候性大型土のう「ツートンバッグ®」

福井豪雨の経験から生まれた耐候性大型土のう

 従来の土木工事用仮設土のうには、フレキシブルコンテナバッグが使用されてきましたが、穀物など粉粒状貨物の輸送用に作られたため、長時間の屋外設置や土砂の充填に耐えうるものではなく、2004 年に発生した福井豪雨の復旧工事でも2 か月程度で劣化が進み、吊り下げ撤去ができないという問題が発生しました。この経験から、数年間の耐久性を有する「ツートンバッグ」を開発しました。原糸に練り込まれた紫外線吸収剤が化学繊維の劣化を抑制するため、災害復旧工事や備蓄など様々な用途で長時間設置後でも移動や転用が可能な耐候性に優れた土のうとして活躍しています。(「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル〈(一財)土木研究センター〉性能評価証明取得。(NETIS 登録番号KT-060144-V)※掲載期間終了

袋型根固め工法用袋材「ボトルユニット®」

耐久性・耐候性・耐薬品性に優れ、河川護岸の防災や災害時の応急復旧に適用可能

 当製品は、ポリエステル繊維(紫外線吸収剤含有)を使用したラッシェルネット2重構造の袋材で、中詰石材を1~4トンまで充填し、クレーンで吊り上げても設置できる強度を有しています。河川護岸の崩壊を防ぐための根固め工や、のり覆い工として使用されており、従来使用されているコンクリートブロックやフトンカゴ工と比べて軽量で、施工性に優れています。柔軟で地盤追従性に優れていることから、応急災害復旧時の積み重ねも容易で、陸上から水中への設置も容易かつ迅速に行えます。耐薬品性にも優れているため、pHの低い酸性河川での使用も可能です。((一財)土木研究センター建設技術審査証明書(建技審証第0109号)取得。(NETIS 登録番号KT-000028-VE)※掲載期間終了

[ 企業情報 ]

〒919-0422 坂井市春江町沖布目38-3
TEL:0776-51-9202
FAX:0776-51-9203
URL:http://www.maedakosen.jp

代表者    代表取締役社長 前田 征利
連絡担当者
「ボルトメイトHC」:開発技術部 出蔵 貴司
「アデム」:補強土排水推進部 辻 慎一郎
「ネイチャーネット」:斜面防災推進部 小林 洋文
「ツートンバッグ」:水環境保全推進部 土橋 和敬
「ボトルユニット」:水環境保全推進部 土橋 和敬
設立 1972年11月
資本金 34億4,200万円(単体)
従業員数 378名(2017年9月20日現在)(単体)
売上高 179億5,200万円(2017/9期)
事業内容 繊維・樹脂を素材とした盛土補強材などの製造、販売
・盛土補強・軟弱地盤安定材
…アデム、FRグリッドなど
・法面補強工法用資材
… ハイブロック、ハイブロックⅢ、MKフレーム、ECO落石ネット、GMネットなど
・排水、遮水、吸出防止材
…モノドレン、デクトシートなど
・ あと施工アンカー、コンクリート補修・補強材
…ボルトメイト、FFシートなど

経営者から一言

当社は、独自の知恵と技術で持続可能な地球、そして安心・安全で豊かな社会を創るために貢献していきます。「本当のモノづくりをする」真っ直ぐな気持ちが当社の原点です。