[ 当社のオンリーワン技術 ]

当社はダイワボウホールディングス株式会社(東証一部上場)グループで、以下の事業を行っています。
・ファイバー(繊維)とプラスチック(樹脂)の複合化によるキャンバスの製造と販売
・キャンバスをデザイン・設計・縫製した商品の販売
・一級建築士事務所 建築物・工作物の設計・施工
生地素材に関する知識、ベストな樹脂配合を実現するノウハウ、ラミネーティング、コーティングなど、加工技 術を有していることが当社の強みです。

広告宣伝用膜材

高印刷性、超防汚性のノウハウ、加工技術が強みです

 インクジェット印刷機の普及に伴い、街の広告宣伝膜は大きく変化しました。それまでのモノクロツートンから、よりビジュアル的でリアルなものとなり、見る人の視覚に訴えることが可能になりました。
 当社は各種インクジェット印刷機に対応し、それぞれの機種に合わせた印刷性、防汚性の処方を開発し、製品化しました。当社が生産する広告宣伝膜材料「内照式看板用シート素材」「インクジェット印刷用膜材料」は、高強度で優れた耐候性、不燃性、難燃性、印刷性、透光性、防汚性を持ち、今後の印刷技術の高度化に対応する高機能付加製品です。

建築工事用シート

生地素材の知識、ベストな樹脂配合のノウハウ、加工技術が強み。建築工事用シートの国内シェアNo.1

 建築工事の際、安全上、美観上、建築工事場所全体を覆わなければならず、その覆いに使用されるシートには強度、耐候性、難燃性などの基準があり、これをクリアしたものしか使用できません。
 当社製品は、ポリエステル生地に特殊配合の軟質塩化ビニール樹脂をラミネート、またはコーティングし、建築工事用シートにおいて国内シェアナンバーワン(20%)を誇っています。従来の白いシートのほかユーザーの用途に合わせ、色、外観(メッシュ状のものなど)、強度の違う多種多様な製品を市場に供給しています。

[ 企業情報 ]

〒916-0015 鯖江市御幸町1丁目1-48
TEL:0778-51-6112
FAX:0778-51-6307
E-mail:kimura@kanbo.co.jp
URL:http://www.kanbo.co.jp/

代表者    取締役製造部門長兼福井工場長 寺西 啓吉
連絡担当者 業務部業務課長 飛田 浩
設立 1939年3月
資本金 10億2,030万円
従業員数 155名(うち福井工場:110名)
売上高 82億円
主要取引先 帝人フロンティア㈱、ダイワボウプログ レス、ユニチカ㈱、㈱クラレ 他
事業内容 ファイバー(繊維)とプラスチック(樹脂)の複合化によるキャンバスの製造、販売(工事用養生シート・軒だしテント地・テント倉庫用シート)

経営者から一言

当社は、一級建築士も在籍しており、看板をはじめシート素材に関する建築の設計から施工までお客様のニーズに対応できる体制となっています。当社の製品について、設計や加工技術に対する問合せや、興味のある方の連絡をお待ちしています。
また、当社は、ポリエステル生地をはじめとした色々な生地に、色々な機能性プラスチックを塗布またはラミネートすることができます。今後は多様なニーズに対応できるよう、加工技術のレベルアップを進めていきます。