プラスチック

ナック・ケイ・エス株式会社

カーブミラーの国内シェアN o . 1
学校などのF R P 製プールは累計1 , 0 0 0 基を全国に納入

実は福井の技

道路反射鏡に用いられている樹脂製鏡面は、当社が長年培った真空成形技術や真空蒸着技術、製造に係るノウハウによって作られています。
さらに、従来の道路反射鏡に加え、電熱材や蓄熱材などを用いた曇り防止機能付きのミラーや、表面をコーティングした汚れにくいミラーなども開発しています。また、「アクリル樹脂製鏡面」以外に、国内で唯一、耐衝撃性に優れた「ポリカーボネート樹脂製鏡面」も製造しています。
また、これまで培ったFRP成形技術と工法(ハンドレイアップ工法、SMC工法、FRPライニング工法)、様々なノウハウを組み合わせて、大型のプールのほか、簡単に組み立てられる幼保育園用のキッズプールや、医療・リハビリ用の流水プールなど、様々な用途や形状のプールを提供しています。

社会インフラ・ソリューション
国内シェア1位

道路反射鏡(カーブミラー)

シェアNo.1を支える真空成形技術、真空蒸着技術

現在の車社会において「道路反射鏡(カーブミラー)」は、交通の安全に欠かせない重要な役割を担っています。
皆様ご存知のとおり、全国の交差点や十字路、車庫や駐車場の出入り口など、各地に多数設置されています。
当社は「道路反射鏡」の製造において国内シェアナンバーワン(約40%)を誇ります。また、この道路反射鏡に使われる「アクリル樹脂製鏡面」も国内シェアナンバーワン(約70%)を誇り、日々の交通安全に欠かせないものとなっております。(平成18年「元気なモノ作り中小企業300社」経済産業省に選定)

スポーツ
国内シェア3位

FRPプール

FRP成形技術と工法、様々なノウハウの融合

従来、遊泳用のプールは現場施工の鉄筋コンクリート製がほとんどでしたが、近年は安全面での配慮などから、FRP(繊維強化プラスチック)製やステンレス製が採用されています。
当社は、FRP成形に関する様々な技術や工法を基に、FRP製の大型プールを製造しており、遊泳用や競技用プールの他、医療用やリハビリ用など、様々な用途やニーズに応じた製品を提供し、国内シェア第3位(10%)を誇ります。また、この技術を応用しアクリル樹脂との複合板を成形したり全国の水族館で大型FRP製水槽をご使用頂いています。

企業情報

住所

〒910-3145 福井市串野町8-20

TEL

0776-83-1188

FAX

0776-83-1288
代表者 代表取締役社長 海道 和男
連絡担当者 取締役事業部長 三木 三佳
設立 1996年8月
資本金 4,500万円
従業員数 32名
売上高 21億円
主要取引先 日鉄防蝕㈱(仕入れ)、山宗㈱ 他
事業内容 FRP成型品の製造、販売( 道路反射鏡・道路保安用品・FRPプール、FRPタンク・その他FRP成形品)
エンジニアリングプラスチック

MESSAGE

道路反射鏡(カーブミラー)は日本特有のアイディア商品です。交通安全の一翼を担っていることを自負しながら、顧客からの要望、クレームをバネにその声を形にすることで、新しく、より満足いただける商品づくりを目指していきます。
また、プール使用上の安全性などについても十分考慮し、安全で快適なプールをご提供しております。ニーズが多様化する中で、当社の持つ他の分野の技術との融合を図り、お客様にご満足いただける製品を提供していきたいと考えております。ご連絡をお待ちしております。

ページトップに戻る