[ 当社のオンリーワン技術 ]

 建物は構造材(骨組材)と非構造部材によって作られています。構造材が地震の力や揺れに対して安全であることはもちろんですが、非構造部材、例えば天井材、ガスや水道などの配管、エキスパンションジョイントカバーなどの仕上げ材も、地震で壊れたり落下しては人の命にかかわることもあります。2011年の『東北地方太平洋沖地震』でも、多くの建物で天井の落下や配管の切断といった非構造部材の事故報告がされています。
 これらの状況を踏まえて、建築資材メーカーとして、お客様に提供する製品の耐震性能を確認することを目的に、地震の動きをそのまま再現できる振動台を開発しました。この振動台は、地震による地面の動き、地震時の建物の動きをそのまま再現できるので、エキスパンションジョイントカバーをはじめ、各種配管材、天井材などの実際の地震時の性能が確認できます。この振動台はリニアモーターを使って、地震の動きを正確に再現しています。

免震エキスパンションジョイントカバー

地震の動きを再現し、さまざまな振動実験が行える3次元振動台を自社開発
免疫エキスパンションジョイントカバー
3次元振動台
施工写真

 地震国である日本では、庁舎、病院、消防署など地域の防災拠点となる建物や、中高層のマンション、高層のオフィスビルなどを主に年間300棟前後、地震に強い構造の免震建物が設計・施工されています。免震建物と非免震建物や基礎との取合い部には、免震建物の地震時の大きな動きに見合ったクリアランス(隙間)が設けられます。免震エキスパンションジョイントカバーは、このクリアランスのカバー材のことで免震建物の大きな動きに従って動き、破壊や脱落したりしない機能を求められています。
 当社の免震エキスパンションジョイントカバーは、地震時の地面の動きや建物の動きを再現できる振動台を用い、すべて試験を行って安全性を確認しています。

[ 企業情報 ]

〒910-0859 福井市日之出2-1-6
TEL:0776-27-8380
FAX:0776-27-4581
URL:http://www.inoue-s.co.jp/

代表者    代表取締役社長 井上 繁
連絡担当者  総務部 吉田 理英子
設立 1947年
資本金 1億円
従業員数 164名
売上高 110億4800万円
主要取引先 鹿島建設㈱、清水建設㈱、大成建設㈱、竹中工務店、大和ハウス工業㈱
事業内容 アルミ外装建材「シルバーライン」の製造販売(エキスパンション、手すり、軒先製品、笠木、ソーラーフレーム、ノンシールパネル ほか建築)資材の販売・施工(ALC工事、耐火被覆工事、現場発泡ウレタン吹付工事、各種セメント ほか)
環境エネルギー関連商品販売(産業用燃料、LPガス、太陽光発電ほか)
サービスステーションの運営(福井県内のESSOを5箇所運営)

経営者から一言

技術力を高め独自性ある『ものづくり』を行うことをモットーにしています。お客様からの要望や期待を形にして特徴ある製品を作り出すことと併せ、新商品開発にも当社メカトロ開発部の技術が盛り込まれています。