[ 当社のオンリーワン技術 ]

 扉の開閉を可能にする部品としてハタ丁番(ちょうつがい)が知られていますが、当社は日本で初めてアルミ製の全面丁番開発に成功し、その技術をアルミ製折れ戸に採用しました。また、その技術は進化しながらも今に受け継がれ、「 イスターカーテン」に採用されています。
 アルミ製折れ戸に最適な丁番として高く評価される全面丁番は、当社が誇るオンリーワン技術のひとつです。

アルミ折戸「イスターカーテン」

アルミ製折れ戸に採用している「丁番(ちょうつがい)」は
オンリーワン技術

 アルミ製折れ戸「イスターカーテン」は、閉店後も店舗の中が見える透明シャッターの定番として広く知られ、空港ターミナルビルをはじめ全国の商業施設で多く採用され、2014年にはグッドデザイン ロングライフデザイン賞を受賞しました。
 また、オンリーワン技術で進化を続ける「イスターカーテン」は圧倒的開放感を実現できる建具としても注目を集め、保育園や小学校など教育施設での採用機会が増えています。


[ 企業情報 ]

〒916-0062 鯖江市熊田町1-100
TEL:0778-62-1122
FAX:0778-62-2234
URL:https://www.toko-ss.co.jp/

代表者    代表取締役 佐々木 知也
連絡担当者  総務部 橋本 正樹
設立 1957年12月
資本金 9,800万円
従業員数 173名
売上高 34億3,800万円
主要取引先 三協立山㈱、旭化成ホームズ㈱、㈱LIXIL、YKK AP㈱、㈱テクノアソシエ、㈱丹青社 他
事業内容 ビル・住宅・エクステリア向け建材商品の開発、生産、販売
・イスターカーテン ・カーテンゲート
・ウインドイスター

経営者から一言

当社は、独創的な発想のメーカーであることに強い信念とこだわりを持っています。主力商品である「イスターカーテン」に代表される「折りたたみ」あるいは「伸縮」構造に関わる技術を新たな用途に活用し、独創性ある新商品開発を探索しています。