[ 当社のオンリーワン技術 ]

 当社の赤外線コードレスマイクロホンは、これまでにプロ用マイクや赤外線コードレスヘッドホンで培った様々なノウハウと、赤外線伝送技術や双方向通信技術などの新しい技術を組み合わせて開発されました。また、メンテナンスフリーやサービス体制の充実を図ることで市場を大きくリードできました。
 当社は、赤外線リモコンや赤外線ヘッドホンのほか、レーザー応用機器の開発・生産をしており、当社の技術や製品は国内外の幅広い製品・分野に活用されています。

赤外線コードレスマイクロホン

赤外線伝送技術や双方向通信技術とノウハウの融合

 従来のワイヤレスマイクロホンは電波を利用するタイプが主流であり、盗聴や近隣のマイクとの混信などの問題がありました。オーディオテクニカの開発・生産会社である当社は、それらの問題点を解決するため、赤外線を利用したコードレスマイクを開発しました。現在、多くのカラオケBOXや国内の重要機関、大学の会議室などでは、赤外線コードレスマイクロホンが採用されており、当社製品はそれらの市場で国内シェアナンバーワン(約55%)を誇っています。
 また、オーディオテクニカグループで開発・生産・販売されるワイヤレスマイクロホンシステム(電波タイプ)は、アトランタ~ピョンチャンの各オリンピック中継、グラミー賞の授賞式、著名アーティストの各種コンサートなど、世界中で活用されており、確かな実績と信頼を得ています。


[ 企業情報 ]

〒915-0003 越前市戸谷町87-1
TEL:0778-25-6700
FAX:0778-25-6702
URL:http://www.audio-technica.fukui.jp/

代表者    代表取締役社長 松下 和雄
連絡担当者  管理部総務課マネージャー 東 大輔
設立 1970年10月
資本金 5,000万円
従業員数 186名
売上高 39億円
主要取引先 ㈱オーディオテクニカ 他
事業内容 オーディオテクニカブランド及びOEM先ブランドのマイクロフォン、ヘッドフォン、その他AVアクセサリーの設計開発・製造。OEMビジネスとしてレーザー応用機器の設計開発・製造。

経営者から一言

歴代オリンピック大会では、千数百本のオーディオテクニカブランドの各種マイクロホンシステムが、競技場のいろんな音を拾うために使用されました。
非常に名誉なことだと感じております。これを機として、より一層魅力的な商品の開発に努め、今後ともブランド力を着実に高めていきたいと存じます。