[ 当社のオンリーワン技術 ]

 当社は、平成11年に福井県の補助を受け、「無縫製リバーシブル浴衣帯の製造技術」を開発し、生産効率を大幅に向上させることができました。
 この技術を用いて浴衣帯の製造を行ってきましたが、色柄(糸の種類)が4色に限定されていたため、平成16年に、先の研究開発で得たノウハウを応用して「色柄無縫製浴衣帯製造技術」の研究開発を実施。その結果、最大15色の糸を使った浴衣帯の製造技術を確立しました。現在、多様な柄を非常に安価・短期間で製造できるようになり、エンドユーザーの個性化にも十分応えていけるようになりました。

高密度多色柄無縫製の浴衣帯

色柄無縫製浴衣帯製造技術を確立し、最大15色の浴衣帯を実現

 浴衣帯には単もの、袋ものがあり、袋ものの市場が主力です。しかし、従来の袋ものの浴衣帯の製造技術(平成11年に当社が開発)では4色の色柄しか出せませんでした。
 そこで、当社にて研究開発を行い、「高密度多色柄無縫製浴衣帯製造技術」を確立しました。これにより、最大15色の浴衣帯の製造が可能になり、デザインの幅が広がり、若い方から中高年の方まで、様々なニーズに応えることができるようになりました。現在、浴衣の国内年間消費数は約180万着あり、当社は、年間約150万本の浴衣帯を製造・出荷しています。(国内シェアナンバーワン(約80%))

[ 企業情報 ]

〒910-0303 坂井市丸岡町猪爪5-3-1
TEL:0776-66-0255
FAX:0776-66-0231
E-mail:ksgormn@fc4.so-ne.jp

代表者    代表取締役 小杉 秀則
連絡担当者  同上
設立 1937年
資本金 1,000万円
従業員数 115名(グループ全体)
売上高 17億円
主要取引先 ㈱丹羽幸、木村実業㈱、京都丸紅㈱ 他
事業内容 合繊浴衣帯、和装小物などの製造卸
・袋帯、単帯、結び帯
・帯飾り、伊達締め
合繊シャガード広巾織物
・ 金ラン、振り袖帯、インテリア、カーシート、産業資材

経営者から一言

当社の袋織(円筒状)技術を活かし、今後の事業展開として、ゴムベルトやゴムホース(自動車関連や建設資材関連)などの構成部材への展開を検討しております。関連する企業や興味のある企業の方は是非一度ご連絡ください。