[ 当社のオンリーワン技術 ]

 当社は、昭和38年に大阪府寝屋川市で創業、経編の染色加工を開始しました。
 昭和50年に現在の場所に移転。工場・機械の増設及び従業員も倍増し、中堅企業に発展しました。また、加工する製品も衣料資材のみならず、生活資材・農業資材・工業資材・医療資材と増えていき、設備も起毛機・芯地加工機と多種多様な製品を加工するようになりました。
 特に、高度な技術を要する薄地の染色加工を得意とし、大手メーカーなど全国に取引先を持っています。創業60年余の実績に基づく提案型開発が事業の核になっています。
 環境面では、世界で最も厳しい基準の一つである、ブルーサインの認証を受けています。ブルーサインとは、環境・健康・安全の全ての面において、解決策を提供すべく設計された業界標準です。
 他にも、エコテックス100やISO9001なども取得しており、様々な視点から製造業に携わっています。

超薄地ニットの染色仕上加工

繊細で形状保持が難しい超薄地ニット生地の高品質な染色仕上加工

 22デシテックス(糸の太さの単位で、10,000mあたりのグラム数)以下のナイロンによるニット生地は、手で触っただけでキズが発生するような繊細なものです。
 超薄地ニットは、軽量かつソフトな風合いで機能性も高いため、トップメーカーのアウトドアウェア、ハイキングウェアの裏地など、多くの商品で採用されています。
 こうしたニット製品は非常に繊細なため高度な加工技術を要することから、超薄地ニット製品の大部分の染色・仕上加工を当社が手掛けており、超薄地ニット加工と言えば当社というイメージを打ち出すことができたと考えています。

合成繊維に保湿機能を持たせる加工技術「SKINDY」

コラーゲンと繊維を化学結合で一体化させる画期的な手法

 ナイロンなどの合成繊維は吸湿性、吸水性に乏しいことが欠点となっていますが、繊維とコラーゲンを一体化させる加工を行うことにより、この課題を克服した新しい素材が生まれました。洗濯耐久性と風合いともに改善し、合成繊維の欠点を克服した夢の繊維として提供しています。
 保湿性が高く肌に優しい素材となっており、また合成繊維特有のムレ感やべとつき感が解消されています。現在、婦人用Tシャツなどにこの加工を施した素材が使用されており、今後、スポーツ分野やインナー分野にも浸透を図っていきたいと考えています。

吸水・撥水機能付快適衣料素材
「アクアホール aquahole」

薄層アクアホールテクノロジー

 一般的な吸水・速乾の素材は、如何によく水分を吸い込み、乾くまでの時間が短いかという事をうたい文句にしております。吸水して乾くまでは表面が濡れています。アクアホールを施した生地は、吸水面に水分がほぼ残らないので、スポーツ、インナー、帽材などに使えば、肌面はベタベタせず、汗をかいてもサラサラ感を維持できます。
 アクアホールの技術としては、生地の片面は、凹凸の形状を取っており、その生地のベース部に吸水加工を付与し、凸部先端のみに撥水加工を施します。凹凸面を肌側とした場合、汗は凹部より吸収され、肌には撥水加工されている凸部が接します。
 つまり皮膚に接する凸部は濡れていない為、汗をかいてもサラサラな快適機能が維持されます。

[ 企業情報 ]

〒919-0477 坂井市春江町田端43-15
TEL:0776-51-2323
FAX:0776-51-5652
URL:http://www.toyo-senko.co.jp/

代表者    代表取締役 東林 利弘
連絡担当者  営業部 課長 笹口 和幸
設立 1963年8月
資本金 8,000万円
従業員数 230名
売上高 30億円
主要取引先 東レ㈱、日東紡績㈱、伊藤忠商事㈱、丸紅㈱、澤村㈱ 他
事業内容 各種繊維製品の染色仕上、整理加工、コーティング加工
・ 衣料資材(ランジェリー、ファンデーション、裏地、芯地、肩パット、インナー用部材)
・ 寝装資材(毛布のヘム、布団カバー、布団裏地)
・産業資材(自動車内装材、各種シート材)
・その他生活関連、医療・看護用雑貨用資材

経営者から一言

薄地ニットの染色加工では右に出る企業はないと自負しております。これは徹底した品質管理により実証されており、今後とも新しい技術により社会で認められる新しい価値を提供してまいります。
またランジェリー、ファンデーションといったレディスインナー用途は、当社が最も得意とする分野です。これは徹底した品質管理で実証されております。
テキスタイルに対しては、今後ますます快適性や幸福感を求められていくと思います。アクアホールはその一つであり、今後とも、新しい技術により社会で認められる新しい価値を提供し続けてまいります。