[ 当社のオンリーワン技術 ]

 当社は、経編機メーカーとして世界で90%以上のシェアを誇るドイツのカールマイヤー社の東南アジア拠点として世界最新鋭機を開発、製造、販売しています。
 今回、多彩な編組織を可能とした「シームレス編みラッシェル機(RDPJ6/2)」を開発しました。本製品により、シームレス・ファンデーションウェア、パンティーストッキングやボディウェアなどのインナーからアウター、スポーツウェアーまで、今までとは格段に拡張された多様な柄入りシームレス製品の生産が可能になりました。

シームレス編みラッシェル機

ピエゾ式の技術完成度を高め、編機の高速化、高生産性を実現

 本製品は、ピエゾ式ジャカード機構を採用。ピエゾ式は、圧電素子を用いることで個々のジャカードガイドが1本1本独立して制御されるので、巾方向の柄域は制約を受けません。加えて編機1回転中でオーバーラップ時とアンダーラップ時の2回のジャカード作用が可能となり、従来のメカ式ジャカード機構では機構上不可能とされていた柄の多様性が拡大し、シームレスデザインの可能性が大いに広がりました。
 さらに、このピエゾジャカードシステムの高い技術完成度により編機の高速化、高生産性が実現できました。

[ 企業情報 ]

〒918-8522 福井市上北野1丁目27-33
TEL:0776-54-5500
FAX:0776-27-3400
E-mail:info.jp@karlmayer.com
URL:http://www.karlmayer.jp

代表者    代表取締役社長 Armin Alber
( アーミン アルバー)
連絡担当者  営業部 部長 吉田 維之
設立 1958年3月
資本金 4億9900万円
従業員数 66名
事業内容 各種経編機械製造、販売
・各種レースラッシェル機
・トリコット機
・整経機
・その他準備機器および各種部品

経営者から一言

当社は、100%外資系の経編(たてあみ)機のメーカーですが、ピエゾ方式によるジャカード機構を備えた編機は当社技術者が考案した基本特許をベースにして開発されました。また、編機の製造、開発だけでなく、当社オリジナル繊維製品を開発して世界の市場に情報を発信しています。