[ 当社のオンリーワン技術 ]

 国産眼鏡フレームの90%以上を生産する鯖江市に本社を置く当社は、プラスチックレンズ製造一筋。熱硬化性樹脂の成型をコア技術として現在までに1億枚(5,000万人分)以上のレンズを製造してきました。
 また、新しいプラスチックレンズに挑戦するため、機能性を高めた新商品や、学校教材の開発、製造を行っています。これからも、プラスチックに映る未来を見つめていきます。

国産視力補正用プラスチックレンズのキャスティング

国内キャスティング(=液状の樹脂を型に流しこみ成形
する技術)生産量 国内シェア1位

 プラスチックレンズは液体の原料をガラスの型に流し込んで成形しますが、通常、樹脂が硬化するのに20時間を要していました。当社は高周波を取り入れることで、わずか3.5時間で硬化させることに成功。世界最高の品質で世界のコストに挑戦しています。
 また、視力補正用の超高屈折率プラスチックレンズは、目の悪いお客様へ、薄く・軽く・かけ心地のいいレンズを提供しています。

放射線教育用の学校教材

日本で唯一、放射線の産業利用を学ぶ
学校教材を製造、販売

 放射線をレンズに当てることで、染料を一切使用せずにレンズに着色できる当社の特許技術を活用。日本原子力研究開発機構などと共同研究を行い、放射線の透過や遮蔽の性質を知り、放射線が物体に与える影響を手軽に学べるキットを開発しました。
 医療機器の滅菌やタイヤゴムの強度を高めるなど、産業界では幅広く利用されている放射線を「正しく学び、正しく怖がる」。日本で唯一の、放射線の産業利用を学べる教材として、中学校や高校で活用されています。

[ 企業情報 ]

〒916-0019 鯖江市丸山町3-5-25
TEL:0778-52-1311
FAX:0778-52-9277
URL:http://www.sunlux.jp

代表者    代表取締役社長 長谷 仁
連絡担当者  新商品開発部 参与 来田 文夫
設立 1978年7月
資本金 4,500万円
従業員数 90名
売上高 18億円
主要取引先 東海光学㈱、ケニス㈱、㈱ナリカ、㈱島津理化
事業内容 視力補正用プラスチックレンズの製造、販売
放射線を学ぶ学校教育教材の製造、販売

経営者から一言

日本の視力補正用プラスチックレンズの草分けとなった会社を前身として今年で創業40年になります。これからも、より豊かな暮らしを営めるよう皆様の生活に役立っていきます。