Topファッション>形状記憶合金の直接接合技術
(精密機械)

No.135

<福井市>

増永眼鏡株式会社

形状記憶合金の直接接合技術

〒918-8152 福井市今市町4-15
Tel:0776-38-1501 Fax:0776-38-7424
URL http://www.masunaga-opt.co.jp

増永眼鏡株式会社イメージ
形状記憶合金フレーム
実はPoint

世界初の技術が活きるメガネブランド

 当社が開発した「KOOKI Sports Flex」は、①従来のメガネ用バネ材の8~10倍の弾力を持ち、②柔軟性に富んで曲げても元の形に戻る復元力があり、③フレームの変形が少ないという特性により、壊れにくさと掛け心地の良さを兼ね揃えた形状記憶合金フレームで、当社の主力商品となっています。
 このメガネ枠の開発には、当社が世界で初めて成功したニッケルチタン合金と異種金属との「直接接合技術」が活きています。このニッケルチタン合金の「直接接合技術」や「部分熱加工技術」は、医療用具である歯科矯正用ワイヤー製造など、異業種の分野にも展開しています。(平成21年に「元気なモノ作り中小企業300社」(経済産業省)に選定)

当社のオンリーワン技術

形状記憶合金と異種金属との直接接合を世界で初めて実現

 ニッケルチタン合金使用のメガネフレームを開発するにあたり、ニッケルチタン合金は他金属と溶融すると脆化し、溶接が不可能とされていました。そのため、めっき後のロー付けやカシメなどによる方法で接合を行わざるを得ませんでしたが、接合強度の安定性が悪い事やデザイン的にも制約があり、直接接合に取り組みました。
 当社の専任技術者が1年間、努力を重ねて徹底的に実験、解析を実施した結果、世界で初めて「ニッケルチタン合金と異種金属との直接接合」に成功しました。

企業情報
●代表者 代表取締役 増永 宗太郎
●連絡担当者 技術研究部 主任研究員
村田 和男
●設立 1905年6月
●資本金 7,200万円
●従業員数 152名

●事業内容
 高級眼鏡フレームの製造
  オリジナルブランド 
   KOOKI、Kazuo Kawasaki、
   TOKI、THE MASUNAGA、
   GMS


増永眼鏡 本社全景
本社全景
経営者からの一言

本技術は眼鏡分野のみならず医療や通信関連分野でも活躍しています。今後はもっと広い分野での応用展開を狙いたいと考えています。他分野の方の連絡もお待ちしています。

≪前のページ
次のページ≫