[ 当社のオンリーワン技術 ]

 当社が取り扱う「機能性樹脂」は、汎用樹脂本来の性能を極限まで大幅にアップ、製品の持ち味、風合いなどに特徴ある機能を付与します。
 長年培った樹脂の合成技術やノウハウを基に開発を行い、印刷インキや塗料、壁紙など身近なところで使われています。数多くの素材を製品製造メーカーに提供しています。

グラビア印刷インキや磁気カードのバインダー(商品名:ソルバイン)

樹脂合成に関するノウハウの蓄積が技術力の根源。

 「ソルバイン」は、塩化ビニルの強靭性、耐薬品性と酢酸ビニルの付着性、可塑性を活かしながら、さらに種々の極性基を付与した接着性、溶解性に優れた樹脂です。樹脂フィルムは、無味、無臭で耐水性が良く、吸水率が低いなどの優れた性質を持っています。
 当樹脂は、顔料の分散性に優れることから、塗料用バインダーや磁気カード用バインダーに用いられ、特にインキ分野では世界トップシェアを誇ります。インキの密着性、発色性を高めることができるため、デジカメ印画紙にも使用されています。

壁紙のツヤ消し剤(商品名:ビニブラン)

水系壁紙用表面処理剤の国内シェアNo.1

 一般家庭やホテルなど、屋内で必ず目にする壁紙。この壁紙には表面のツヤ消しのために表面処理が施されています。この表面処理剤には、有機溶剤をベースとした溶剤系表面処理剤と、水をベースとした水系表面処理剤とがありますが、当社ではシックハウス症候群などへの配慮から水系表面処理剤の開発を進めてきました。
 当社は、壁紙用表面処理剤の製造において国内シェアナンバーワン(約90%)を誇っています。

塗料・インクに配合されている濡れ剤(商品名:サーフィノール、オルフィン、シルフェイス)

濡れ剤の可能性を具現化する独自のノウハウ

 塗料やインクなどを基材に塗る際には、塗料やインクが基材上で水滴にならずに均一に広がるように、“濡れ性”を良くする薬品(濡れ剤)を添加しますが、液体に濡れ剤を添加すると液体は泡が立ちやすくなります。泡が立つとムラの原因になるため消泡剤を添加しますが、一般的に消泡剤は濡れ性が悪くなります。
 当社は、これらの課題を解決した「泡の立ちにくい濡れ剤“サーフェノール”」を、エボニックインダストリーズ社の日本国内の代理店として取り扱っています。また、当社で独自の改良・改質を加え、水に混ざりやすく環境に配慮した濡れ剤を開発し、基材に合わせた多様な製品を製造しています。

[ 企業情報 ]

〒915-0802 越前市北府2丁目17-33
TEL:0778-22-5100
FAX:0778-24-0657
E-mail:y-gama@nisshin-chem.jp
URL:https://www.nissin-chem.co.jp/

代表者    代表取締役社長 宮澤 繕行
連絡担当者  研究所・研究所長 蒲 祐二
設立 1955年3月
資本金 5億円
従業員数 220名
売上高 171億8,100万円
主要取引先 信越化学工業㈱、ダイキン工業㈱、協栄化成㈱、東洋インキSCホールディングス㈱、ZENICHEM 他
事業内容 化学製品の製造・販売(塩化ビニル系変性樹脂「ソルバイン」・各種合成樹脂エマルジョン「ビニブラン」・シリコーン・アクリル系ハイブリッド樹脂「シャリーヌ」・ホットメルト接着剤「日信ホットメルト」・アセチレン系化学品「サーフィノール・オルフィン」・シリコーン系添加剤「シルフェイス」 など

経営者から一言

樹脂の重合技術やブレンド技術など、当社が保有する技術と、当社が扱っている各種製品とを組み合わせ、新しい製品を開発し、将来にわたってオンリーワン、ナンバーワン製品を市場に供給していきたいと考えています。ご連絡をお待ちしています。