[ 当社のオンリーワン技術 ]

 平成19年、核融合エネルギーの実現性を研究する巨大プロジェクトITER(国際熱核融合実験炉)が世界7カ国・地域の協力で始まりましたが、このプロジェクトで使われる超伝導線の素材となるチタン添加高錫ブロンズを当社が独占供給しました。
 より高い錫濃度のブロンズ製造を可能とし、従来の2倍の超伝導特性を持つ線材用の高品質素材を提供できるのは、当社の銅合金溶解技術から生まれた画期的な製造法によるものです。

りん銅合金(JIS H 2501-1982)

画期的な銅合金溶解技術により高品質素材を世界に供給

 りん銅合金は、エアコン、エコ給湯器用の銅管の材料として、また銅合金鋳物などの脱酸および銅合金にりんを添加する場合に使われます。
 当社ではりん銅合金製造にあたって、原料を従来の赤りんから黄りんに代えた製造装置および製造方法を開発・確立し、生産量アップとりんの歩留まり向上、材料原価の低減を実現しました。これにより高い生産性と安定した品質の製品を提供することが可能となり、世界シェアは30%、国内シェアは100%に達しています。
 (2008年 元気なモノ作り中小企業300社 選定・経済産業省)
 (2013年 第2回素形材連携経営賞 経済産業大臣賞 受賞・一般財団法人素形材センター)
 (2014年 グローバルニッチトップ企業 100選 選定・経済産業省)

[ 企業情報 ]

〒910-3138 福井市白方町45-5-9
TEL:0776-85-1811
FAX:0776-85-1313
E-mail:info@osakagokin.co.jp
URL:http://www.osakagokin.co.jp/

代表者    代表取締役社長 水田 泰成
連絡担当者  総務部長 亀谷 政浩
設立 1949年7月
資本金 6,100万円
従業員数 50名
売上高 35億9,000万円
主要取引先 ㈱神戸製鋼所、古河電気工業㈱、㈱UACJ銅管、三菱マテリアル㈱、JX金属㈱ 他
事業内容 中間合金地金の製造、販売(りん銅、りんニッケル、りん鉄、りん錫、珪素銅、マグネ銅、マンガン銅、鉄銅、ニッケル銅 など)
銅および銅合金鋳造品・加工品の製造、販売(超電導線材用ブロンズ、OMアロイ鋳造品(耐摩耗性銅基合金)など)

経営者から一言

今後も絶えず生産の合理化を図り、使っていただく方が満足し喜んでいただける良質で多様な銅合金鋳物および非鉄中間合金を安定的に提供することに全力を傾けていきます。