[ 当社のオンリーワン技術 ]

 金券や大切な書類の偽造を防止するための加工方法は、印刷を中心に数多くありますが、いずれも後工程のため、完全に防ぐことはできません。ところが、当社の方法は紙の製造工程で透かしマークを入れるため経時変化もなく、印刷で再現することは不可能で、偽造防止手段としては最高と考えます。微細な線などは透かしとして表現しにくいものですが、独自の製造方法で鮮明に表すことを可能としています。
また、透かしの入った和紙は、オリジナリティ溢れる高付加価値の用紙としても、書籍・パンフレットや名刺、便箋などあらゆる用途で使っていただける素材です。

透かしマーク入り和紙

紙の製造工程で透かしマークを入れる技術。偽造防止に効果

 一見しただけでは何の特長もない紙ですが、裏面から光をあてることにより白く模様や文字が現れる…これが透かしマークと言われるもので、商品券、優待きっぷなどの金券類や卒業証書、免状、名刺、神社の御札の用紙などに使用されています。
 当社は、このような透かしマーク入りの和紙を生産しています。


[ 企業情報 ]

〒915-0231 越前市定友町13-7
TEL:0778-43-0080
FAX:0778-42-0806

代表者    社長 酒井 秀行
連絡担当者  同 上
設立 1975年9月
資本金 4,500万円
従業員数 15名
売上高 2億1,700万円
主要取引先 ㈱西野商会、㈱辻和、長井紙業㈱ 他
事業内容 機械抄和紙の製造
局紙、卒業証書、仙貨紙、のし紙、
書籍用紙

経営者から一言

透かしマークは、従来は偽造防止の方法として使用されてきましたが、今後は企業のオリジナリティを表す手段として、企業のロゴマークが入った名刺や便箋など、用途としても有望であると考えます。