[ 当社のオンリーワン技術 ]

 創業以来、多くの新技術を開発・商品化し、高速加工やリニア駆動、5軸加工機や金属3Dプリンタ等で業界トッ プクラスの地位を築いています。
 当社独自の開発・設計・製造による工作機械は、航空・宇宙産業から家電製品、医療・スポーツ分野など、世界 中のあらゆる産業で部品や金型を製造し、モノづくりを支えています。
 高速・高精度・複雑加工や変種・変量生産が可能な高精度マシニングセンタをはじめ、製造業の未来を担うハイ ブリッド金属3Dプリンタなど、オンリーワン技術に挑戦し続け、グローバルビジネスを展開。現在では、日本国 内以上に、世界で「MATSUURA」ブランドが浸透しています。

5軸制御立形マシニングセンタ(MAM 72シリーズ)

F1マシンの部品加工に採用。国際水準を超えた高い信頼を獲得。

 機械加工分野の多品種少量(変量)生産、高速高精度複雑加工のニーズが高まる中、これまでの3軸同時加工からのさらなる加工効率改善を求め、多軸加工への移行が進んでいます。
 当社が開発した「5軸制御立形マシニングセンタMAM72シリーズ」は、5軸加工機のため1回の段取りであらゆる方向から加工でき、高精度な部品加工を可能にしました。イギリスでF1マシンの部品加工に採用されるなど、国際水準を超えた高い信頼を得ています。
 (平成18年に「元気なモノ作り中小企業300社」(経済産業省)に選定)

ハイブリッド金属3Dプリンタ(金属光造形複合加工機

世界初の「金属光造形複合加工技術」による金型などの製造装置

 金属光造形複合加工技術は全く新しい概念の加工法です。金型などを機械製作する工程において、金属粉末をレーザーで一層ずつ焼結して積み上げる作業と、それを切削して仕上げる作業とを同一装置内で行う世界で初めての複合加工法です。
 従来の切削加工などでは不可能であった複雑な立体形状の製作が、この金属光造形複合加工機のみで可能となり、金型などの製作が期間1/2、コスト1/2でできるようになりました。
 (平成19年の機械工業デザイン賞の日本商工会議所会頭賞を受賞)
 (この技術は、パナソニック㈱が開発した基本技術を基に、パナソニック㈱、㈱松浦機械製作所、大阪大学、㈶ふくい産業支援センターで共同開発したものです。)

[ 企業情報 ]

〒910-8530 福井市漆原町1-1
TEL:0776-56-8100
FAX:0776-56-8150
E-mail:webmaster@matsuura.co.jp
URL:http://www.matsuura.co.jp

代表者    代表取締役社長 松浦 勝俊
連絡担当者  管理本部 清水 継太
設立 1935年8月
資本金 9,000万円
従業員数 319名
売上高 135億円
主要取引先 トヨタ自動車㈱、本田技研工業㈱、パナソニック㈱、㈱ニコン、ボーイング 他
事業内容 工作機械(マシニングセンタ)及びハイブリッド金属3Dプリンタの製造、販売

経営者から一言

当社は、常に時代の先取りを考えて開発を進めています。このハイブリッド金属3Dプリンタ以外にも、他社に先駆けた高速加工機の開発で「高速加工機のマツウラ」、続いて5軸制御立形マシニングセンタMAM72シリーズの開発で「5軸加工機のマツウラ」のブランドを構築しています。