[ 当社のオンリーワン技術 ]

 積層セラミックコンデンサの場合、電子部品の宿命である「小型化」と同一サイズで大きな静電容量を得るには、シート厚をできる限り薄くし積み重ね枚数を増やさなくてはなりません。
 当社は、シングルμmオーダーの薄層化技術を量産レベルで確立、実用化しています。この背景には、セラミック材料をμm以下の超微粒子に粒径をコントロールしながら加工する技術、極薄のセラミックシートを高速でハンドリングし加工する技術など様々な技術がありますが、全て当社が試行錯誤の中から確立したオンリーワン技術です。

積層セラミックコンデンサ

シングルμmオーダーの薄層化技術を量産レベルで確立、実用化

 コンデンサとは一時的に電気を蓄える機能をもった電子部品。スマートフォンでは1台あたり約800個、パソコンで約1,000個、自動車には1,000〜4,000個程度搭載されています。
 小型化と高性能化が求められる現在、電極を形成したセラミックシートを何枚も積み重ねた「積層セラミックコンデンサ」が数多く使われており、この生産においてムラタグループ全体で世界シェア約40%(第1位)を占めており、このうち半分を当社で生産しています。現在、当社はムラタグループのフラッグシップ事業所として、世界最小の積層セラミックコンデンサ(0.25mm×0.125mm)の量産を進めており、更なるモバイル機器の小型化と高性能化に貢献できる部品を世界に先駆けて提案していきます。


[ 企業情報 ]

〒915-8601 越前市岡本町13-1
TEL:0778-21-8300
FAX:0778-22-0428
URL:https://www.murata.com/ja-jp/group/fukuimurata

代表者    代表取締役社長 井上 亨
連絡担当者  管理部CSR課 谷川
設立 1951年2月
資本金 3億円
従業員数 4,100名
売上高 1兆1,355億円(2017年3月グループ連結)
主要取引先 国内外の電子機器メーカー、自動車メーカー 他
事業内容 セラミックをベースとした電子部品の開発、製造(積層セラミックコンデンサ・ノイズ対策製品・電気二重層コンデンサ)

経営者から一言

現在、福井村田製作所では、モバイル通信、自動車など、従来からムラタが得意としてきた市場へのさらなる価値提供に加え、新興市場、新規アプリケーションへの取り組みを一層加速させています。今後もエレクトロにクス業界のニーズ、トレンドをいち早くキャッチして、先端商品を開発、提案していくことで、エレクトロニクス業界の発展に寄与していきます。