[ 当社のオンリーワン技術 ]

 プロ選手が使用するバットは、0.1ミリの精度が要求され、特に寸法精度の厳しいグリップの部分は0.05ミリの精度で削ることが必要となっています。
 最近ではコンピューター制御の切削マシンが使用されるようになってきましたが、プロ選手が要望する形状やバランスなどのイメージは機械では作ることができません。そのため、選手と職人の経験やその時の会話から選手が要求するイメージを形にしていくという技術は、今後も不可欠な製法として残っていきます。

野球用木製バット

0.1ミリの精度が要求されるバット職人の技術

 プロ野球のトップ選手が使用する木製バットは、そのほとんどが完全別注と言われるカスタム品で、3本のバイト(刃物)だけを使用して手作業で切削して製作しています。
 当社には、全国で数人しかいないとされるバット職人が2名在籍しており、年間約130名のプロ選手にバットを供給しています。精度の高いバットを約30分で製品の形状にまで仕上げる技術の習得には約5年が必要であり、若い世代への技術伝承にも取り組んでいます。

[ 企業情報 ]

〒915-0873 越前市池ノ上町93-7-3
TEL:0778-23-2800
FAX:0778-23-6176
E-mail:ko_yamamoto@zett-net.com
〔本社〕大阪市天王寺区烏ヶ辻1-2-16

代表者    工場長 長谷川 正
連絡担当者  副工場長 山本 浩司
設立 1979年3月
資本金 9億6,000万円
従業員数 99名(全社)38名(うち武生工場)
売上高 4億5,000万円(武生工場のみ)
主要取引先 ㈱UACJ金属加工、YKKファスニングプロダクツ販売㈱、中日本ジューキ㈱、㈱マークス 他
事業内容 スポーツ製品の製造
野球用バット・ユニフォーム類

経営者から一言

日本プロ野球のコミッショナーの最初の公認を受けており、公認番号「C-001」は当社の誇りです。  また、野球用バットの製造メーカーとして、木製バットと金属製バットの両方を生産しているのは当工場だけです。