電気

職種紹介

水道・工業用水・下水道施設設備および県立病院などの建築設備の設計・工事監理や維持管理、防災分野での防災通信網や原子力モニタリング設備の整備・維持管理などに従事します。

主な配属先
本庁
公営企業課、財産活用課、公共建築課、危機対策・防災課 など
出先機関
坂井地区水道管理事務所、テクノポート福井浄化センター、県立病院 など

職員インタビュー

職員インタビュー
  • 印牧 大貴
  • 公共建築課
  • [令和元年度採用]

現在の仕事内容

福井県が所有する公共施設の空調などの電気設備について、設計や工事の監理を行っています。現在は主に県立高校のリノベーション工事などを担当しています。

県職員を志望した理由

以前は金融機関で働いていましたが、大学で学んだ専門知識を生かしてもっと生まれ育った福井県のために働きたいと思い、福井県職員の電気職を志望しました。

やりがいや魅力

学校のリノベーション工事では、試験や式典の時に大きな音を出さないことや、動線が交わらないようにすることに注意して工程を調整し、関係者と協議しながら工事を進めます。これらの積み重ねにより他の部署や施工業者と少しずつ信頼関係を築き、工事が完了したときは大きな達成感があります。

印象に残っている仕事

初めて修繕工事の監督をした時のことが印象に残っています。利便性や施工性などを加味しながら、施工業者や修繕する施設側の職員と話し合って進めていくので、慣れるまでとても大変でした。

休日の過ごし方

業務に役立つ資格の勉強をしており、第三種電気主任技術者試験に挑戦しています。

福井県のお気に入りスポット

私の地元の越前大野城は「天空の城」と呼ばれており、とても感動的な景色が見られます。また、県立恐竜博物館は、子どもが楽しめるのはもちろん、大人の視点からも見応えのある展示です。

越前大野城

県立恐竜博物館

ある一日の流れ

8:30
登庁、メールチェック
10:00
工事業者と打合せ
12:00
先輩や上司と昼食
13:00
書類精査
15:00
設計業者と打合せ
17:15
退庁

職種・職員紹介一覧