福祉・心理

職種紹介

保健・医療・福祉政策の企画立案、児童、障がい者、高齢者などへの相談対応や自立支援の指導・助言のほか、乳幼児の発達相談、障がい者福祉分野での判定と援助、不登校児童や非行児への心理判定とサポートなどに従事します。

主な配属先
本庁
地域福祉課、子ども家庭課 など
出先機関
総合福祉相談所、敦賀児童相談所、和敬学園、健康福祉センター、県立病院 など

ジョブローテーションの一例

入庁 1年目〜
主事
出先機関(総合福祉相談所、敦賀児童相談所、和敬学園、健康福祉センター、県立病院)
※3年程度で人事異動
入庁10年目〜
主査
出先機関および県庁(地域福祉課、子ども家庭課)
※3年程度で人事異動
入庁20年目〜
主任
出先機関および県庁
※以降、3〜5年程度で人事異動
入庁25年目〜
出先機関課長
入庁30年目〜
出先機関所長

職員インタビュー

職員インタビュー
  • 松木 美佳
  • 総合福祉相談所
  • [令和2年度採用]

現在の仕事内容

嶺北管内の児童相談を担当する児童心理司として、児童に関する心理判定、カウンセリングなどを行い、児童福祉司とともに市町や学校などと連携して、子どもやその家族への支援を行っています。

県職員を志望した理由

心理の専門的な知識を大学院で身につけ、その知識を自分の生まれ育った福井で活かしたいという思いがあったためです。心理の職業の中でも、より広く県民に関われる県職員を志しました。

やりがいや魅力

福祉・心理職の職員は、悩みや困り事を抱える人たちへの支援を行っています。福祉と心理の双方に関わる職種であるため、これまで学んできた経験を活かせるだけでなく、異なる視点からの理解や新たな知識の吸収ができ、学びが多い仕事です。子どもやその家族がよりよく暮らしていけるような支援ができることにやりがいを感じています。

印象に残っている仕事

子どもや家族によりよい支援ができたり、子どもの成長が見られたりした際に、この仕事をしていてよかったと思います。

ワークライフバランスのため心掛けていること

私は自分の興味や関心のあることを仕事にしており、家に帰ってもつい仕事のことを考えてしまうことが多いので、仕事とプライベートを意識して分けるように心がけています。睡眠時間を大切にし、しっかり休んで翌日しっかり働くことができるように気を付けています。また、映画や読書、交友関係も楽しんで、仕事以外の面でも自分自身が豊かになれることを目指しています。

福井県のお気に入りスポット

足羽山が好きです。幼いころから行っている場所なのですが、デッキのカフェで綺麗な景色とコーヒーを楽しんだり、足羽山公園遊園地で動物と触れ合ったり、家族や友人と一日中楽しめる場所だと思います。

足羽山

ある一日の流れ

8:30
登庁、メールチェック
8:35
電話対応、書類作成
9:00
児童面接(知能検査)
10:30
面接記録入力
12:00
昼休み
13:00
児童面接(カウンセリング)
14:00
書類作成
15:00
ミーティング
17:15
退庁

職種・職員紹介一覧