農学

職種紹介

農業、畜産の振興施策の企画立案のほか、農業等従事者の方への生産技術・経営改善などの普及指導、農業試験研究、畜産試験研究などに従事します。

主な配属先
本庁
流通販売課、園芸振興課、中山間農業・畜産課 など
出先機関
農林総合事務所、農業試験場、奥越高原牧場 など

職員インタビュー

職員インタビュー
  • 巻田 春香
  • 福井米戦略課
  • [平成29年度採用]

現在の仕事内容

大豆・麦の生産振興やJA・民間企業が行っている農産物の検査業務の取りまとめ、市町が生産振興を推進するために必要な事務費の交付などを行っています。

県職員を志望した理由

もともと食や農業に関わる仕事に就きたいと思っており、その中でも幅広く福井県の農業と関わりたいと思ったため、福井県職員を志望しました。

やりがいや魅力

農業に関する政策の立案や新品種の開発などの研究業務、生産者に対する農業技術や経営支援に関する普及活動などの幅広い業務に従事することができます。このような様々な経験を積みながら、自分を成長させることができる点が他にはない魅力だと思います。

印象に残っている仕事

ある事業者が地元の農産物を使った商品を発売しようとしていた時に、いくつか課題があったので、相談を受けていました。課題が解決し、その商品が無事に発売されたことが印象に残っています。直接商品づくりに関わったわけではないのですが、実際に商品がお店に並んでいるところを見たときにはうれしかったです。

ワークライフバランスのため心掛けていること

休日はパン作りなど好きなことをしてリフレッシュし、休み明けの仕事も頑張れるようにしています。

休日の過ごし方

パン作りにはまっています。また、研修等で仲良くなった同期と体育館を借りてバトミントンをすることもあります。妹と一緒に買い物へ行ったり、カフェに行ったりもしています。

ある一日の流れ

8:30
登庁、メールチェック
10:00
農産物検査報告書の作成
12:00
昼休み
13:00
大豆や麦の生育状況について農業試験場から聞き取り
15:00
事務費の執行状況について市町から聞き取り
17:15
退庁

職種・職員紹介一覧